en:サブ課題G en:共通基盤シミュレーション手法

en:責任者 en:東京大学 物性研究所 en:特任教授

en:尾崎 泰助

en:光・電子デバイス材料、磁石材料、構造材料等の複数のサブ課題において共通して必要となるスペクトル解析、物質構造・相変化探索等の 基盤的シミュレーション手法・アプリケーションを開発し、新デバイス・材料創成に貢献する。また上記基盤的手法やアプリと、各サブ課題で開発する個別手法を併用することで、産業応用に即した現実系のシミュレーションを実現し、実質的な課題解決に資する。さらに、関連する産業界や国家Pj等の現課題解決に「京」で動作するアプリ活用を促進しながら新たなニーズや課題を汲み上げ、ポスト「京」で迅速に産業競争力強化可能な汎用性の高い基盤的アプリを開発する。

社会的・国家的意義

省エネ社会の基盤構築SiC,GaN パワエレ

目標・期待される成果

SiC 等デバイス欠陥制御で特性向上に貢献
FET 等のポストシリコンデバイスに向けた新材料提案とデバイス設計に貢献

実施内容

量子論デバイス創製シミュレータ開発

●●● -150- ●●●現在、ウーバーX として走る車の全走行距離の半分以上がエコカーだ。「クリーンエア・プラン」を通し、それを伸ばす予定だ。ロンドン市内では2019 年、国内では2022 年までに、ウーバーX の全車両をハイブリッド車(HV) か電気自動車(EV) に切り替える。そしてロンドン市です。●● 150

「京」の実績とポスト「京」の必要性

「京」の実績

10 万原子のシリコンデバイス電子状態予測

量子効果によるSi ナノワイヤー中の電流分布を可視化(’12ゴードンベル賞受賞)
ポスト「京」の必要性

界面・非周期構造を含む10 万原子クラスの計算で構造とデバイス特性予測

電子移動度を抑制しているSiC/Sio2 海面欠陥の振る舞いを計算し制御に活用

主な研究開発の内容と成果

en:該当する項目はありません。


実施体制

炭素Pj(NEDO)、TIA( 内閣府)、元素戦略Pj 電子材材料拠点( 文科省)、産応協と連携・協力

業務参加者・協力者

業務参加者
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 押山淳
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 岩田潤一
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 奥澤浩未
筑波大学 計算科学研究センター 生命科学研究部門 重田育照
筑波大学 計算科学研究センター大学院システム 情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 朴泰祐
筑波大学 計算科学研究センター 量子物性研究部門 小野倫也
筑波大学 計算科学研究センター 生命科学研究部門 BuiThiKieuMy
筑波大学 計算科学研究センター大学院システム 情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 高橋大介
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 森伸也
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 鍾菁廣
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 美里劫夏南
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 常行真司
協力者
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 押山淳
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 岩田潤一
東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 奥澤浩未
筑波大学 計算科学研究センター 生命科学研究部門 重田育照
筑波大学 計算科学研究センター大学院システム 情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 朴泰祐
筑波大学 計算科学研究センター 量子物性研究部門 小野倫也
筑波大学 計算科学研究センター 生命科学研究部門 BuiThiKieuMy
筑波大学 計算科学研究センター大学院システム 情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 高橋大介
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 森伸也
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 鍾菁廣
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 美里劫夏南
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 常行真司
↑